博物館・美術館で開催された展覧会の感想をたんたんと書き綴っています。

「レオナルドのもう一つの遺産」展@明治大学博物館

たまたまポスターを見つけて知ったので、明治大学博物館で開催している「レオナルドのもう一つの遺産」展に行ってきました。

学生の頃から現在にかけて、何度となく御茶ノ水に通ってるんだけど、明治大学博物館があるなんて知らなかったなぁ。

「レオナルドのもう一つの遺産」展@明治大学博物館

今回の展覧会は、昨年に森アーツセンターギャラリーで開催された「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」に近い内容です。
あの「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」では、直筆ノート「レスター手稿」のみの展示だったのですが、この「レオナルドのもう一つの遺産」展ではファクシミリ版(精密な複製)とはいえ、「レスター手稿」以外にも
 ・「アトランティコ手稿」
 ・「トリヴルツィオ手稿」
 ・「鳥の飛翔に関する手稿」
 ・「パリ手稿」
 ・「解剖手稿」
 ・「ウィンザー紙葉」
 ・「アランデル手稿」
 ・「フォスター手稿」
 ・「マドリット手稿」
と、数多くの手稿が展示されています。っていうか、この展覧会を見るまでヴィンチの直筆ノートにこれだけの種類があるって知りませんでした。

展示内容は、各手稿を数ページずつ見ることが出来るのですが、「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」に比べると少々数量的に物足りなさを感じました。
ただ、「解剖手稿」の精密な解剖図や「マドリッド手稿」の円の面積の求め方など、内容は濃かったです。
「マドリッド手稿」に書かれている「永久運動」に対する苦悩が感じ取れる内容が見れたのは、非常に貴重な出来事でした。
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」の続編とも思える「レオナルドのもう一つの遺産」展は、小さいスペースながら、とても楽しめる展覧会でした。

今回の購入物は、内容の濃い図録と「レオナルド・ダ・ヴィンチ アトランティコ手稿 Book&CD-ROM」です。
「レオナルド・ダ・ヴィンチ アトランティコ手稿 Book&CD-ROM」の詳細はこちら。

展覧会で見たことがある「ヴァーチャル アトランティコ手稿」って買えたんですね(~_~;)
ちょっと高かったけど、解説本もついていてかなり充実した内容でした。

展覧会開場外には、アトランティコ手稿にもと模型が幾つも展示していました。

レオナルドのもう一つの遺産 模型1レオナルドのもう一つの遺産 模型2
レオナルドのもう一つの遺産 模型3レオナルドのもう一つの遺産 模型4
レオナルドのもう一つの遺産 模型5レオナルドのもう一つの遺産 模型6


かなり精巧に出来ていて見ごたえがありました。

で、せっかくなので常設展も見てきました。
江戸時代やヨーロッパの昔の警察や拷問に関する展示がされていました。
「ニュルンベルクの鉄の処女」が展示されていたのですが、ちょっと有り得ない形状をしていて、これは拷問というレベルではないですよね。

その他にも、埴輪・貝塚・土器・石器など古代史に関する展示もしていました。

明治大学博物館-埴輪-

明治大学博物館は、初めてだったけど特長がある内容で、また機会があれば行ってみたいです。

投稿日:2006年09月17日

投稿者 yossy : 2006年09月17日 13:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hazel-eyes.net/mt/mt-tb.cgi/78

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「レオナルドのもう一つの遺産」展@明治大学博物館:

» 「レオナルドのもう一つの遺産展」 from 弐代目・青い日記帳
明治大学博物館で開催中の 明治大学商学部「Project 101知の融合と創生」事業 「レオナルドのもう一つの遺産」―“レオナルドの手稿”全展示(ファ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年09月25日 23:28

コメント

こんばんは~
TB&コメントありがとうございました。

「レオナルド・ダ・ヴィンチ アトランティコ手稿 Book&CD-ROM」ちょっと欲しくなりますよね。
でも買ってもどうせ見ないしな~と思い止めておきました。

お写真とてもよく撮れていますね!
自分のが恥ずかしくなります…

投稿者 Tak : 2006年09月25日 23:30

-->