博物館・美術館で開催された展覧会の感想をたんたんと書き綴っています。

「レオナルドのもう一つの遺産」展@明治大学博物館

たまたまポスターを見つけて知ったので、明治大学博物館で開催している「レオナルドのもう一つの遺産」展に行ってきました。

学生の頃から現在にかけて、何度となく御茶ノ水に通ってるんだけど、明治大学博物館があるなんて知らなかったなぁ。

「レオナルドのもう一つの遺産」展@明治大学博物館


今回の展覧会は、昨年に森アーツセンターギャラリーで開催された「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」に近い内容です。
あの「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」では、直筆ノート「レスター手稿」のみの展示だったのですが、この「レオナルドのもう一つの遺産」展ではファクシミリ版(精密な複製)とはいえ、「レスター手稿」以外にも
 ・「アトランティコ手稿」
 ・「トリヴルツィオ手稿」
 ・「鳥の飛翔に関する手稿」
 ・「パリ手稿」
 ・「解剖手稿」
 ・「ウィンザー紙葉」
 ・「アランデル手稿」
 ・「フォスター手稿」
 ・「マドリット手稿」
と、数多くの手稿が展示されています。っていうか、この展覧会を見るまでヴィンチの直筆ノートにこれだけの種類があるって知りませんでした。

展示内容は、各手稿を数ページずつ見ることが出来るのですが、「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」に比べると少々数量的に物足りなさを感じました。
ただ、「解剖手稿」の精密な解剖図や「マドリッド手稿」の円の面積の求め方など、内容は濃かったです。
「マドリッド手稿」に書かれている「永久運動」に対する苦悩が感じ取れる内容が見れたのは、非常に貴重な出来事でした。
「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」の続編とも思える「レオナルドのもう一つの遺産」展は、小さいスペースながら、とても楽しめる展覧会でした。

今回の購入物は、内容の濃い図録と「レオナルド・ダ・ヴィンチ アトランティコ手稿 Book&CD-ROM」です。
「レオナルド・ダ・ヴィンチ アトランティコ手稿 Book&CD-ROM」の詳細はこちら。

展覧会で見たことがある「ヴァーチャル アトランティコ手稿」って買えたんですね(~_~;)
ちょっと高かったけど、解説本もついていてかなり充実した内容でした。

展覧会開場外には、アトランティコ手稿にもと模型が幾つも展示していました。

レオナルドのもう一つの遺産 模型1レオナルドのもう一つの遺産 模型2
レオナルドのもう一つの遺産 模型3レオナルドのもう一つの遺産 模型4
レオナルドのもう一つの遺産 模型5レオナルドのもう一つの遺産 模型6


かなり精巧に出来ていて見ごたえがありました。

で、せっかくなので常設展も見てきました。
江戸時代やヨーロッパの昔の警察や拷問に関する展示がされていました。
「ニュルンベルクの鉄の処女」が展示されていたのですが、ちょっと有り得ない形状をしていて、これは拷問というレベルではないですよね。

その他にも、埴輪・貝塚・土器・石器など古代史に関する展示もしていました。

明治大学博物館-埴輪-

明治大学博物館は、初めてだったけど特長がある内容で、また機会があれば行ってみたいです。


投稿日:2006年09月17日

投稿者 yossy : 13:00 | コメント (1) | トラックバック(1)

東京近郊の展覧会スケジュール

Flash版 展覧会情報一覧はこちら(開催終了日などでソートが出来ます)

上野

新宿/渋谷

東京・有楽町・銀座

錦糸町・両国・新小岩

六本木・広尾・白金・品川

神保町



投稿日:2006年09月16日

投稿者 yossy : 13:00

平凡・陳淑芬来日展@アートスクエア新宿

美少女画で有名な平凡さん&陳淑芬さんの販促個展、平凡・陳淑芬来日展に行ってきました。

個展の主催はアールビバン社。ラッセンや天野喜孝氏などの販促個展を主催している会社です。
天野氏の販促個展などは、以前行った事があると思います。
でも、販促個展って落ち着いて見れないので、あんまり好きではないんですけどね(^_^;)


今回は、平凡さん&陳淑芬さん&中谷彰宏氏が来場するということで、販促と知りつつも行ってきました。無料ですし。。。

入場してすぐに、販売員のお姐さんが付きました(^_^;)
会場を見た感じだと、一人で来ててそれなりの年齢(ある程度お金のある感じ? 違)の人に付くみたいですね。(買い易そうな人ってことかな?)
でも、いろいろ話が聞けてよかったですね。平凡さんと陳淑芬さんが夫婦とか、平凡さんが背景担当で陳淑芬さんが人物担当とか、知らない情報満載で楽しかったです。

で、ビックリしたのが、これらの絵はすべてCG(パソコン)で描かれているってこと。しかも、版画。
全然気が付かなかったんだけど・・・。俺って絵を観る目がないなぁー(苦笑)
あの微妙なタッチは全部パソコンを使って表現していたなんて、かなりビックリでした。

いろいろ観た中では、「未練」と「童心」がかなり気に入りました。販売員の方が、その2つを説明用エリアで専用の照明に当ててくれたんだけど、照明の当たり方でかなり表現が変化していて、本物ならではって感じがしました。

さてさて、時間になり平凡さん&陳淑芬さん&中谷彰宏氏のトークショーが始まったのですが、座っていた説明用エリアがたまたまステージの目の前だったので、思いっきり間近で3人を見る事が出来てラッキーでした。

平凡さん&陳淑芬さん&中谷彰宏氏


中谷さんが司会で、質疑応答形式がメインでトークが進んでいきました。
陳淑芬さんの描く女性にはモデルがいるらしいんですが、全て身近な人なんだろうです。どんな環境で生活してるんだろう??かなり気になります(^_^;)

今回のイベントは、3人の共著「恋愛天使」の発売を記念してのものでした。



ただ、通常のイベントとは違い、書籍や関連書籍の販売は一切ありませんでした。
なんでたろう??ここで販売するば確実に売れるのに・・・って疑問だったんですけど、よくよく考えてみたら書籍をここで販売したら、肝心の絵画が売れなくなってしまうからなんですよね。

イベントの最後に、サイン会があったのですが、どうやら絵画購入者の方に整理券が渡されているようで、残念ながらサインを貰う事が出来ませんでした(T_T)

平凡さん&陳淑芬さん&中谷彰宏氏のサイン会


今回、平凡さん&陳淑芬さん&中谷彰宏さんの3人を初めて見たのですが、みなさん気さくな感じでファン度が増しました(^o^)
特に中谷さんのビジネス書は結構読んでいたのですが、これを気に恋愛小説も読んでみようかなぁー。




投稿日:2006年09月03日

投稿者 yossy : 14:27 | トラックバック(0)