博物館・美術館で開催された展覧会の感想をたんたんと書き綴っています。

「動植綵絵」第四期@三の丸尚蔵館

若冲を観たあとに、また若冲・・・。
ということで、「若冲と江戸絵画」展を観たあとに、伊藤若冲「動植綵絵」を観に三の丸尚蔵館へ行きました。
今日は、若冲Dayですね。

今のところ、第一期~第三期まで観に来ているので、最後の第五期を観ると30幅全て観ることになります。

さて、三の丸尚蔵館に入ってビックリ。
「若冲と江戸絵画」展で観た 酒井抱一「花鳥十二ヶ月図」がまた展示している??・・・と、よく観たらタイトルは同じ「花鳥十二ヶ月図」でも内容は異なっていました。
ぱっと見は同じように見えるのですが、描かれている内容は違っていましたし、構図・色合い(特に赤系)の味わいが深く12幅全て楽しめる内容の作品でした。

ちなみに、この「花鳥十二ヶ月図」の絵葉書セットは12枚500円と安いのでお買い得です。

この「花鳥十二ヶ月図」が展示されている場所の真後ろが若冲 「動植綵絵」コーナーなのですが、なんと第四期では、「動植綵絵」以外に若冲の「旭日鳳凰図」が展示されています。
いやぁーこの「旭日鳳凰図」は本当に素晴らしいです。鮮やかな色彩と細やかな描写・・・、個人的にはかなり好きな作品です。
この「旭日鳳凰図」を観れただけでも満足できるのですが、そのあと「動植綵絵」が6点続きます。

第四期の展示は、「老松白鳳図」「向日葵雄鶏図」「大鶏雌雄図」「群鶏図」「池辺群虫図」「貝甲図」の六点。
展示の流れでは、「旭日鳳凰図」→「老松白鳳図」となるので、鮮やかな鳳凰と白くて神々しい鳳凰を比較してみる事が出来るのも良かったですね。


今回は、酒井抱一 12点・伊藤若冲 7点とかなり豪華な内容で、しかも「若冲と江戸絵画」展に続けてみたので、本当に感無量というか大満足でした。

投稿日:2006年07月30日

投稿者 yossy : 2006年07月30日 14:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hazel-eyes.net/mt/mt-tb.cgi/72

このリストは、次のエントリーを参照しています: 「動植綵絵」第四期@三の丸尚蔵館:

» 「旭日鳳凰図」を考える。 from piyomarimoのよろよろ日乗
なんか、官能的なんだよなあ。一言で言えば「妖艶」。息苦しいまでの「生の躍動」。あ、いちおう納得できる表現ができてすっきりしました。あと録画しておいた「誰ピ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年08月22日 18:04

コメント

私もそのはしごしました。
「旭日鳳凰図」の妖艶なお姿にうっとり。
で、抱一の「花鳥十二ヶ月図」は、こちらの方が気合いが入っていると感じましたがいかがでしょう?

次行ったら、ポストカード買いだめしたいと思います。

投稿者 piyomarimo : 2006年08月19日 20:21

piyomarimoさん、コメントありがとうございます。
同じハシゴをされたんですね。

「旭日鳳凰図」は本当に良かったですよね。

私も、こちらの「花鳥十二ヶ月図」の方が繊細で味わい深くで好きです。

投稿者 よっしー。@たいくつな午後 : 2006年08月22日 09:00

-->