博物館・美術館で開催された展覧会の感想をたんたんと書き綴っています。

世界遺産ナスカ展@国立科学博物館

本当は先週行く予定だったんだけど、昼くらいに行ったら80分待ちだったので、今日リベンジです。
今回は、早起きして10時に行ったら並ばず入ることが出来ました。

世界遺産ナスカ展

以前購入した「NHK探検ロマン世界遺産〈1〉ナスカ地上絵と謎の巨大建築」を読んでから行きました。

この本では、地上絵はどのように描かれたのか・・・みたいな部分の解説が書かれています。

今回の展示会では、展示品の大半はです。
この壺に描かれている絵というかキャラクターが愛らしくて、かなり好印象でした♪ナスカ人は、きっと絵を描くのが好きで、かつ描くことに深い意味合いがあったんでしょうね。。。
それにしても、これらの壺は西暦100年前後のモノなのに、保存状態もかなり良くて逆にリアリティがないように感じてしまうほどでした。

展示中ほどに、今回の目玉「子どものミイラ」が展示されていました。
約1300年前のミイラらしいのですが、眼球が残ってるんですよ。黒目もバッチリ見えました。ここまでハッキリした形で残っているミイラはなかなか見れませんが、かなりのインパクトがありました。

今回の展示会で一番印象に残っている首級(トロフィー:人間の頭部)の信仰(?)ですね。首級を儀式に使用する他にも、畑の下にたくさん埋めて、頭部に宿っている大いなる力が自然に還るという独特の輪廻転生の考え方は興味深いと思いました。

地上絵で有名なだけではなく、ナスカ文化の奥深さや生活環境などが分かる非常に面白い展覧会でした。
個人的には、かなり気に入っています。
ということで、図録&DVD&地図の3点セットの図録を購入しちゃいました(^^ゞ

ナスカ図録・DVD・地図


DVDは、展覧会内でも放送されていたバーチャルリアリティ映像だけでなく、ナスカ周辺の遺跡の映像も含まれていて、なかなか良い内容でした。45分もあるんですね、このDVD。


絵葉書セット

あと、絵葉書セットと定規も購入。
地上絵が結構可愛かったので(>_<)


会場内も結構込んでいたのですが、終わって出てみたら長蛇列。

ナスカ展行列


やっぱり早く来て良かったです(^o^)


投稿日:2006年06月17日

投稿者 yossy : 2006年06月17日 12:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hazel-eyes.net/mt/mt-tb.cgi/62

このリストは、次のエントリーを参照しています: 世界遺産ナスカ展@国立科学博物館:

» 世界遺産ナスカ展@国立科学博物館 from コマンドエフ
「世界8番目の不思議。誰が、なぜ、何のために地上絵を描いたのか。」(展示会より)というわけで、また上野です。 「黒い瞳をもつ1300年前の子供のミイ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年06月18日 11:39

コメント

TBありがとうございます。

私も買いましたよ。葉書ではなくクリアケースですが、やはり地上絵がかわいかったので(笑)。
DVDも結構惹かれて、買おうかどうかその時は相当迷いましたよ。

投稿者 ky@cmd+F : 2006年06月18日 19:21

-->