博物館・美術館で開催された展覧会の感想をたんたんと書き綴っています。

芸術新潮6月号

弐代目・青い日記帳さん記事

本日(25日)発売の「芸術新潮」で
「ダ・ビンチ・コード」の緊急特集!が組まれています。
美術史家も侃々諤々「ダ・ヴィンチ・コード」の○と×

と書かれていたので、早速昨日「芸術新潮2006年06月号」を買いに行っちゃいました(^^ゞ

表紙の扱いは小さいのに、『「ダ・ヴィンチ・コード」の○と×』が巻頭特集なんです。 「緊急特集」と銘打っているだけあって急いで掲載した感がありありなんですが、西洋美術史にお詳しい小池寿子氏と宮下誠氏が「ダ・ヴィンチ・コード」の解釈に関して様々な角度から論じているのは、とても面白かったです。特に《岩窟の聖母》の小池寿子氏の解釈は、なかなか興味深かったですね。

で、本来の特集「芭蕉から蕪村へ」では、さまざまな俳画を見ることが出来て俳画の面白さを堪能できました。この特集は、「芭蕉・蕪村・一茶と新しい領域」@柿衞文庫という展覧会に合わせたモノなのですが、柿衞文庫が兵庫県にあるので関東在住の私はちょっと行けないんですよね(^_^;)
行ってみたいんですけど、この雑誌でガマンでします(>_<)

投稿日:2006年05月26日

投稿者 yossy : 2006年05月26日 08:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hazel-eyes.net/mt/mt-tb.cgi/52

-->