博物館・美術館で開催された展覧会の感想をたんたんと書き綴っています。

プラド美術館展@東京都美術館

プラド日記に書かれていた特製クリアファイルとオリジナルポストカードをゲットするために朝9時に東京都美術館へ。
無事、アイテムはゲットしました♪
プラド美術館展クリアファイル

最澄と天台の割引優待券も付いてました。既にチケット購入してるけど・・・(^_^;)

それにしても、早朝の上野は空いてますね。

上野


これで桜が満開だったらねぇー、いい絵が撮れたのに・・・残念。

プラド美術館展って看板が何種類もあるんですよね。とりあえず3枚撮りました。
全部で何枚あるんだろう??

プラド美術展看板プラド美術展看板
プラド美術展看板

この写真見ると俺が少し傾けて撮っているっていうのがバレバレですね(^_^;)


さてさて展示内容ですが、藪野さんが書籍や講演で「黒い作品が多い」と語っていたように、全体的に黒い作品が多かったですね。
構成はこんな感じです。


第1章 スペイン絵画の黄金時代 -宮廷と協会、静物-
第2章 16・17世紀のイタリア絵画 -肖像、神話から宗教へ-
第3章 フランドル・フランス・オランダ絵画 -バロックの躍動と豊穣-
第4章 18世紀の宮廷絵画 -雅なるロココ-
第5章 ゴヤ -近代絵画の序章-

第1章では、入り口近くにあったサンチェス・コエーリョ「王女イザベル・クララ・エウヘニアとカタリナ・ミカエラ」が高貴な印象で素敵でした。
あと、ちょっとベラスケスが少ないかなぁー。第1章では、もう少しベラスケスで盛り上げて欲しかったです。
今回展示のなかったベラスケス「ラス・メニーナス」でも中心を飾っていた王妃マルガリータを描いたマルティネス・デル・マーソ「王妃マルガリータ・デ・アウストリア」は印象深かったですね。「ラス・メニーナ」に描かれていた道化師も合わせて書かれており、時の流れと喪服を着た王妃マルガリータが印象的な作品でした。

個人的には第1章の目玉は、ムリーリョですね。「エル・エスコリアルの無原罪の御宿り」と「貝殻の子どもたち」は本当に素晴らしかったです。
「無原罪の御宿り」ではマリア様が本当に可愛らしかったですね。「貝殻の子どもたち」は、構図も安定しているし、イエスとヨハネの愛らしい姿が印象に残る作品です。
あと、サンチェス・コタン「狩猟の獲物、野菜、果物のあるボテゴン」が、静物画なのですが凄く迫力がありました。


第2章では、パッサーノ「ノアの箱舟に乗り込む動物たち」、セローディネ「若者を生き返らせる聖マルガリータ」、ジョルダーノ「サムソンとライオン」が気になりました。
「ノアの箱舟」では、ちょっと言い伝え通り動物がオスメス一対になっているかどうか確認しちゃいました(^^ゞ
あと、サムソンは強すぎっていうか、あの状態はありえないよなぁー。すごい状態でした。


第3章は、やっぱりルーベンスですね。「ヒッポダメイアの略奪」と「フォルツゥーナ」は素晴らしい出来ですね。
「ヒッポダメイア」は、なんか生々しいというか、動きや表情がリアルで痛々しかったです。


第4章は、メングス「大公女マリア・テレサ・デ・アウストリア」とメレンデスのボデゴン作品群ですね。
「大公女マリア」は可愛らしく高貴な印象で素敵でした。メレンデスのボデゴンは本物以上にリアルさを出していて良かったです。
今回の展覧会では静物画も非常にいい作品が多いですね。


第5章は、ゴヤです。ゴヤしかないです。
「トビアスと大天使ラファエル」は新鮮で凄く良かったですね。


全81作品、見ごたえのある作品ばかりでした。
今回は、前日に講演会:「名画に隠れた謎を解く!」を聴いたり、図録を購入したり、関連書籍を購入したり、事前に情報収集をして深く観る事が出来て、非常に満足でした。

特に講演で藪野さんの語っていたように、「額縁の外も想像して見る」とか、「自分で修復するつもりで見てみる」など、かなり難しかったんですけど、今までとは違う見方が出来て、大変楽しく観る事が出来たのがとても良かったです。


投稿日:2006年04月09日

投稿者 yossy : 2006年04月09日 11:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hazel-eyes.net/mt/mt-tb.cgi/44

このリストは、次のエントリーを参照しています: プラド美術館展@東京都美術館:

» 東京都美術館「プラド美術館展」 from きままにARTSダイアリー
上野公園の桜が満開になった先週末、混雑を覚悟の上で、東京都美術館「プラド美術館展 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月11日 22:26

» プラド美術館展 from Pocket Warmer
プラド美術館展 スペインの誇り、巨匠たちの殿堂 会場:東京都美術館 会期:20 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月12日 01:12

» プラド美術館展@東京都美術館 from コマンドエフ
GW始まったばかり、の予想通り大混雑した上野に再来です。 プラド美術館屈指の81点の名画をやっと拝みに行けました。正午頃行って約5分待ちで会場内へ。プラ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年04月30日 21:07

» 「プラド美術館展」 from 弐代目・青い日記帳
東京都美術館で開催中の 「プラド美術館展」に行って来ました。 2002年に西洋美術館で開催された「プラド美術館展」はまだ記憶に新しいことで... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月06日 15:02

» Museo Del Prado from
本日、東京都美術館で開催中の『プラド美術館展』に行ってきました。プラド美術館とは16世紀以降のスペイン王家によって収集された、ヨーロッパ各国の王侯貴族の絵... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年07月01日 21:41

コメント

よっしぃ〜さん、はじめまして。
コメントとTBをいただき、どうもありがとうございます。

講演会を聞かれたり関連書籍で予習されたりと、とても素晴らしい鑑賞をされてますね。
やはり知らないと見えてこなかったり、理解できない作品って、ありますよね。
また、ちょっとしたヒントで絵の中の謎が解ける楽しさもありますね。(^^)

これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿者 snow_drop : 2006年04月11日 22:37

snow_dropさん

こちらこそ、コメントとTBありがとうございました。
絵の勉強をされているので、展覧会のコメントが素晴らしく、いつも日記を楽しみにしています。

これからも、よろしくお願いいたします。

投稿者 よっしぃ~。o○ : 2006年04月17日 14:17

よっしぃ~。o○さんこんにちは~
TBありがとうございました。

特製クリアファイルとオリジナルポストカードいいなー
欲しい。
早起きは三文のなんとかですね。

予習もばっちりされたようでこれまた羨ましいです。

投稿者 Tak : 2006年05月06日 15:04

TBありがとうです!
プラドは確かに黒い感じの作品が多かったですね。
黒っていうかダークなイメージの。
かと思えばのどかな田舎の田園風景もありで。
いや良かったです。お腹いっぱいです。

投稿者 ky@cmd+F : 2006年05月27日 00:55

-->