博物館・美術館で開催された展覧会の感想をたんたんと書き綴っています。

フランス近代絵画展@日本橋三越

無料チケットを貰っていたというのもありましたが、印象派美術が大好きなので、フランス近代絵画展を観に日本橋三越に行ってきました。
しかも最終日、激込みでした(T_T)

セルビア・モンテネグロの首都ベオグラードにある、ベオグラード国立美術館が改修工事中とのことで、フランス近代絵画コレクション123点(うち46点が日本初公開)が日本で公開することになりました。

今回の展覧会は見ごたえありました。コロー、モネ、ピサロ、ドラン、ヴラマンク、ピカソ、ロートレック、ゴッホ、ゴーギャンでしょう。あとは、多く展示されていた、ルノワール、ドガの作品群は圧巻です。カリエールやギュスターヴ・モローが1点しかないのは残念だったけど。

展覧会全体の流れ(図録より) は、


  • 写実の系譜 コローから印象派へ

  • ルノワール 身近なものたちへの眼差し

  • 印象主義を超えて 後期印象派と象徴派

  • 20世紀絵画の旗手たち フォーヴィズム、キュビスムとエコール・ド・パリ


と、やはり印象派が中心でした。
時代の流れに沿って、写実~キュビスムを観れたは、とても良かったです。

印象に残ったのを・・・

「水浴する女」:オーギュスト・ルノワール

1996年3月14日に盗難にあって、まるめられて損傷したそうです。油彩の絵画を丸めたら損傷しますよね。。。
それにしても、結構最近の話なんですね。その「水浴する女」も修復作業が終わり、1997年5月10日に公開されるようになりました。その修復の様子も展示されていたのが興味深かったです。
展示されている作品を観ても、損傷していたとは分からなかったです。明確に描かれている人物と印象主義的描写の対比が印象に残る作品です。

「ルーアン大聖堂」:クロード・モネ

先日行った、ポーラ美術館の印象派コレクション@Bunkamura にも同じシリーズの作品が展示されていました。あちらは夕刻で、こちらは朝日ですね。色使いで分かりました。

「若い女性の肖像」アンリ・ド・トゥールズ=ロートレック

上品な美しさが印象に残る作品でした。作品のほとんどが黒系の色で描かれているのに、暗さを全然感じさせないのはスゴイです。

「二人の姉妹」:マリー・ローランサン

もしかしたら、一番印象に残った作品かも・・・。人物の肌の色とは対象的な鮮やかな装飾品の色使いが独特でした。


ロダンとカリエールの作品が並んで展示してあったのも印象的でした。「ロダンとカリエール展」を観に行かなくちゃ(^^ゞ

投稿日:2006年03月12日

投稿者 yossy : 2006年03月12日 21:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hazel-eyes.net/mt/mt-tb.cgi/23

このリストは、次のエントリーを参照しています: フランス近代絵画展@日本橋三越:

» フランス近代絵画展@日本橋三越本店7Fギャラリー from コマンドエフ
ルーマニアやハンガリーに囲まれた東欧の国、セルビア・モンテネグロ(旧ユーゴスラビア)の首都ベオグラードの国立美術館からフランス近代絵画コレクション123点... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月14日 00:55

» 「フランス近代絵画展」 from 弐代目・青い日記帳
日本橋三越本店新館7階ギャラリーで開催中の 「ベオグラード国立美術館所蔵 フランス近代絵画展 ルノワール、ドガ、ゴーギャン、 ゴッホ、ユトリロ、ピカソ…... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年03月14日 20:17

» 葡萄酒色の人生/ロートレック from 文学な?ブログ
ロートレックというと、ムーラン・ルージュの華やかなイメージがありましたが、この映画で身体障害というコンプレックスを抱えていたことを知りました。日本画にも精... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年05月31日 00:59

コメント

TBありがとう!です。
いよいよ、公開?おめでとう。
それから、前送ったTB入ってて良かったです。反映遅かったので、失敗したのかと思って実は諦めていました。

投稿者 ky@cmd+F : 2006年03月14日 00:59

こちらこそ、TBありがとう(^o^)

とりあえず、公開すれば更新するかなぁーって思って(笑)

このブログね、他から来たTBは管理者が公開許可しないと公開されないみたいなんだよね。
そんな設定しているつもりはないんだけど・・・。原因は良く分かりません(^_^;)

投稿者 よっしぃ~。o○ : 2006年03月14日 08:46

こんばんは。
TBありがとうございました。

美術館が改装中だと普段貸し出さない
作品が思わず観ることができ有り難いです。

こちらのblogの「美術館情報」はとてもよくまとまっていらっしゃいますね。

これからどうぞ宜しくお願い致します。

投稿者 Tak : 2006年03月14日 20:24

>他から来たTBは管理者が公開許可しないと公開されない
うそ!?そうなの?恐るべしMT。。
多分ね、それ知らない人がTB連打して、いっぱい入る可能性あるかもよ。
(実際まわりにいた)

投稿者 ky@cmd+F : 2006年03月15日 01:16

> Takさん
コメントありがとうございます。
改装工事などがないと、これだけの多くの作品が日本に来るなんて、ほとんどないですからね。嬉しいですね。

「美術館情報」を褒めていただき、ありがとうございます。まだまだ中途半端なので、更新頑張ります。

> ky@cmd+Fさん
いや、俺の勘違い&設定ミスでした(笑)
これからは、ちゃんとTBがすぐ反映されると思うよ。

投稿者 よっしぃ~。o○ : 2006年03月15日 09:39

-->